電気料金が安くお得になる電力会社を比較!今ならソフトバンクでんき

すべて

こんにちは。おそうじマニアです。

みなさんは電気料金が高いなぁーと感じたことはありませんか。

東京電力や沖縄電力など以前は都道府県に指定の電力会社しかなかった為、電力会社を選ぶという発想はありませんでした。

電力の小売自由化に伴い各電力会社毎に素晴らしいサービスを提供している会社もありますので一部おすすめの会社やサービスを紹介させていただきます。

📖こんな方におすすめな記事です♪
  • 毎月の電気料金を少しでも抑えたい方
  • 現在、金欠ですという方
  • ソフトバンクユーザーの方
  • 電力プランを変更したことがない方

電力会社を変えるとお得になるって本当?

結論から言うと、安くなります!!お得になります!

これまでの各都道府県の電力会社が提供していたサービスよりも料金が安くなることはもちろん、サービスが良くなるケースも数多く存在します。

現在では400社以上の会社から1,000を超えるサービスプランが提供されております。

おそうじマニアが住んでいる沖縄県でも以前は沖縄電力の独占市場となっていました。

しかし現在は沖縄ガスをはじめとしたガス会社であったり、大手携帯電話会社が運営しているでauでんきソフトバンクでんき楽天でんきなど数多くの会社が参入しております。

以後、沖縄電力を軸に説明をさせて頂きますので他の都道府県の皆様はご自身の都道府県に置き換えてみて下さい。

電気料金が安くなる小売全面自由化の正体とは?

これまでは各地域により決められていた電力会社(旧一般電気事業者)としか電気契約ができず、ご家庭や店舗などではどの電気会社から『電気を買う』という選択ができませんでした。

沖縄県では「沖縄電力」の一択でした

その為、他の一般企業のように価格を比較するという発想もなく価格競争は一切おきません。したがって料金やサービスも長い年月大きく変化することはありませんでした。

そのためか沖縄県では沖縄電力=「高収入で安定している会社」というイメージが昔から強く、学生の就職希望ランキングでは常に上位にランクインし、親からは公務員か沖縄電力になるよう勧められた方も多いかと思います。(笑)

しかし、2016年4月に行われた法律の改正により「電力の小売全面自由化」により私たちのような一般家庭から商店や会社関係を含む全消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選び比較することが可能となりました。

沖縄電力の電気料金(メニュー)やプランについて

毎月の電気料金は契約しているプラン(電気料金メニュー)により異なります。

また一般的なご家庭向けプランと、店舗や工場などの法人向けの業務用プラン(法人向け電気料金メニュー)がございます。

今回は一般家庭向けでご説明していきたいと思います。

従量電灯plus

一般のご家庭や、会社事務所等で電気を使用するお客さま向けのメニューです。
これまで最も多くの一般家庭でご利用頂いている「従量電灯というプランと同一の料金で、更にポイントが貯まるようになったおトクなプランです。

(従量電灯plusの詳細は⇒コチラ

グッドバリュープラン

こちらも一般のご家庭や、会社事務所等で電気を使用するお客さま向けのメニューです。
従量電灯と比較して、2段目(121kWh)以降の料金単価を割安に抑えたおトクなメニューとなっています。

引用元:沖縄電力

おそうじマニア家も以前はこのグッドバリュープランを契約しておりました。

(グッドバリュープランの詳細は⇒コチラ

グッドバリュープランの注意点

料金面で言うと従量電灯よりも絶対グッドバリュープランが良いですが、安い反面注意点もございます。

検針票が発行されません。
毎月の電気料金明細はインターネットの「電気ご使用実績照会サービス」でのみ確認可。

支払い方法は「口座振替」か「クレジットカード」の2択のみ。

離島地域(宮古・八重山・久米島など)は対象外

おそうじマニアは申し込み後、1年以上毎月の電気料金を知ることができませんでした。。泣

なぜなら、グッドバリュープラン申し込み後に送られてきたパスワードハガキを紛失し、長期間ログインができませんでした。問い合わせ先もわからず1年以上経ちインターネットで沖縄電力を検索し再発行してもらいました。

毎月の検針票が必要だ!という方は「従量電灯plus」が良いかもしれませんね。(笑)

電気料金の計算方法と比較

おそうじマニア家の電気使用料が年間6,000~7,000kWh程度です。

ちょうど沖縄電力さんがその平均値である1ヶ月541kWhで試算しているのでご説明していきたいと思います。

従量電灯の計算方法(541kWh使用時)※燃料調整費額等は省く

○(~10kWh)1契約=402.40⇒+402.4円

○(10kWh~120kWh)1kWh=22.95円⇒22.95円×110kWh=+2,524.5円

○(120kWh~300kWh)1kWh=28.49円⇒28.49円×180kWh=+5,128.2円

○(300kWh~)1kWh=30.47円⇒30.47円×241kWh=+7,343.27円

※合計 約15,398円となります!!

※燃料調整額などの詳細を知りたい方は⇒コチラ

グッドバリュープラン

○(~10kWh)1契約=402.40⇒+402.4円

○(10kWh~120kWh)1kWh=22.95円⇒22.95円×110kWh=+2,524.5円

○(120kWh~300kWh)1kWh=28.01円⇒28.01円×180kWh=+5,041.8円

○(300kWh~)1kWh=29.34円⇒29.34円×241kWh=+7,070.94円

※合計 約15,039円となります!!(差額̠▲359円)

使用量別の電気料金比較表は下記を参照下さい!

引用元:沖縄電力

沖縄電力から別の電力会社に変更するメリット

リーズナブルな料金によりコスト削減

まず一番大きなメリットといえば沖縄電力と比較して絶対に電気料金が安くなることです。

「電気料金が安くなる」といっても大きく分けて2種類に分かれます。

「毎月の電気料金が安くなる」が売りの電力会社のサービス例

沖縄ガス

⇒沖縄電力と比較した場合に年間約10,000円程度も安くなる(500kWh/月)

平均的に電気使用量が多い家庭や店舗などではランニングコストを抑えることができるチャンスに繋がります!

「加入することで一定期間の電気料金無料」が売りの電力会社のサービス例

ソフトバンクでんき「おうちでんき」

初回請求月&2ヶ月目の請求が全額無料!(西日本エリアで~9/30迄)

夏場のエアコンを多く使用する時や冬場の暖房を多く使うタイミングで申し込みをするとサービスを最大限に活用することが可能です!

特に、ソフトバンクでんきでは西日本エリアで9/30まで申し込み後の2ヶ月分の電気料金が無料になる破格のキャンペーンをやっているので絶対にお得です!!

加入者限定のサービスを提供

HISでんき(HTBエナジー)

⇒生活のトラブルサポート「あんしんサポート365」というサービスが無料で付帯しています。

ソフトバンクでんき「おうちでんき」

⇒スマホやタブレットなど1回線毎に割引(100円/月)

あくまで、加入者の不随サービスというイメージで考えて良いかと思いますがソフトバンクでんきの「おうちでんき」などは電気料金とは別に携帯電話の料金もセットで割引されるのは良いですね♪

他にも、JALマイルがサービスされたりポイントがサービスされたりする会社などもございます。

電力会社を変更することで生じるデメリット

電力会社を変更する際に、電話をかけたり、来店したり、WEB申し込みをしたりという手間がかかります。

あとは一定の契約期間を設定している会社もありますので、その際は解約した際に一定の解約違約金を設けている会社もあります。(0円~2,000円程度)

しかし、たったそれだけです!

今より高くなることは絶対にないので、それ以外のデメリットは何ひとつないと考えて問題ありません!!

沖縄で今加入するべきお得で絶対におすすめな電力会社を厳選

沖縄は他の都道府県に比べてまだまだ電力会社は多くありません。

その中から、料金面やサービス面を考慮しておそうじマニア厳選のおすすめ電力会社を紹介します。

おすすめ第1位:ソフトバンクでんき「おうちでんき」

まず第1位はソフトバンクでんきの「おうちでんき」です。

沖縄県のみならず、全国エリアとして考えてもソフトバンクでんきの「おうちでんき」が断トツで1位におすすめする電力会社となります。

今だけ契約後2ヶ月電気料金が全額0円になる

なんといっても、ソフトバンクでんき「おうちでんき」に切り替えを行なうと初回検針後2ヶ月の電気料金が全額0円になります!

引用元:ソフトバンク

おそうじマニア家(家族4名)で計算すると、

月々の電気料金平均 15,000円(541kWh)×2ヶ月=30,000円全額0円に!!

もし、電力使用量の多い月に契約できればおそうじマニア家で最大50,000円⇒全額0円に!!

毎月の電気料金などが割引

引用元:ソフトバンク

従量電灯と比較した場合の電気料金⇒2年間で電気料金約3,051円がお得になります!

さらに、ソフトバンクのスマホやタブレットをご契約している方は、

1回線あたり110円/月を割引⇒2年間で2,640円がお得になります!

さらに、ソフトバンク光のセット割引をご利用の方は、

スマホ台が最大1,100円/月を割引⇒2年間で最大26,400円がお得になります。

でんき・スマホ・ネットがソフトバンクなら今より2年間で約32,091円がお得になります!

おうちレスキューが2年間無料

おうちのトラブルが発生した際に24時間365日対応のおうちレスキューの出張料・作業料が2年間無料となります。

サービス例)

水漏れ・詰まり/8,000円~

鍵の紛失/12,000円~

ヒビ割れ・破損/15,000円~

沖縄電力からソフトバンクでんきに変更しても電気の品質は一切変わらないので料金が安くなり、サービスも充実し、さらに安心してご利用できること間違いなしです♪

ソフトバンクでんきを契約する際の注意点

ソフトバンクでんき「おうちでんき」を契約する際に、大きく2点の注意点があります。

1年契約(自動更新)となり、解約時に500円が必要

契約期間が1年間となり、更新は自動更新となります。

万が一解約する際は、解約事務手数料500円が必要となります。

ソフトバンクでんき「おうちでんき」に加入できないケース有

一部地域によっては対象外のエリアがあるようです。

また、ソフトバンクでんき「おうちでんき」よりも単価が低い料金プランを契約している場合は申し込みを断られます。

実際、おそうじマニア家では沖縄電力のグッドバリュープランを契約した状態でソフトバンクでんきの申し込みを行なったら⇒「現状のプランがお得なのでご契約できません」との内容でした。。

ソフトバンクでんきとグッドバリュープランはどちらがお得??

結論から言うと、短期加入でもソフトバンクでんきに切り替えたほうが絶対にお得です!!

グッドバリュープランのほうがソフトバンクでんきの「おうちでんき」より電気料金の単価がお得と言っても、現在行っている2ヶ月無料のキャンペーンや解約事務手数料を加味してもソフトバンクでんきがお得であると言えます。

なぜなら、おそうじマニア家(月約15,000円)の電気料金を参考にすると、

従量電灯とグッドバリュープランのコスト比較が1年間⇒約4,500円の違い

従量電灯とソフトバンクでんきのコスト比較は1年間⇒約1,500円

ソフトバンクでんきの方がグッドバリュープランよりも年間3,000円高い計算となります。

しかし、初月から2ヶ月無料キャンペーンで30,000円が全額0円になります。

1年後に別の電力会社に変更した場合の解約事務手数料500円を差し引いても

約26,500円もお得です!!

グッドバリュープランのお客様がソフトバンクでんきを契約できるかも!?裏技

すでにグッドバリュープランを契約している場合は、ソフトバンクでんきに申し込みを断られるケースが高いですが、下記内容を実践するとソフトバンクでんきを申し込むことが可能になるかもしれません。

①グッドバリュープラン⇒従量電灯に変更する

②従量電灯に変更されたのを確認した後に、ソフトバンクでんきを申し込む

まだ実践していない為、可能性の話となりますが従量電灯に変更することは平日に沖縄電力に電話するだけで可能です。(理由は毎月の明細がやっぱり欲しいなど…etc)

あくまで自己判断で実践してみて下さい。(笑)

まとめ

今回もおそうじとは全然関係ない内容となりましたが、人によってはとてもお得になる情報だ!!と思い配信させて頂きました。

ソフトバンクのスマホやタブレットを使っていないから関係ないと思っている方も、ぜひソフトバンクでんきを検討してみてはいかがでしょうか。

従量電灯を契約している方は絶対変えたほうが良いです!!

グッドバリュープランを契約している方はご自身の判断で裏技を使ってみても良いかも!!(笑)

ここまでソフトバンクを押していますが、私はソフトバンクユーザーではないです。

家族・親戚を含め一人もいません。。

ひと昔、電波の悪さに衝撃を受けてソフトバンクという名を避け続けていました。

しかし、ソフトバンクでんきはとても良いキャンペーンを展開しているのでぜひ興味をもつ価値はあると思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました